現在タバコを吸っている人の多くは禁煙したいと感じているのではないでしょうか。しかし一度喫煙してしまうと禁煙することはそう容易なことではありません。ですが近年ではタバコの価格も上がり経済的にも苦しくなってきたという人も多いはずです。そんな中注目を集めるようになったのが電子タバコです。タバコのように煙も出るので禁煙しているという気持ちにならずに済むので、自然と禁煙を続けることができます。電子タバコは、香りのついた蒸気を吸うので健康に被害がなく、周りの人も煙による影響を受ける心配がありません。電子タバコはバッテリーなどが必要にはなってくるので、全く費用がかからないというわけではありません。しかし、本物のタバコを一ヶ月間購入することに比べたら長持ちするし経済的にも助かることは間違いないのではないでしょうか。

電子タバコに挑戦した夫

夫はヘビースモーカーです。3年前までは1日に2箱も吸っていました。お小遣いを減額したところ1日1箱まで減りましたが禁煙には至っていません。昨年子供が産まれたので出来れば禁煙してほしいというのが本音です。しかし外出しても暫くするとニコチンが切れたといっては喫煙所を探し回るような夫なので半ば諦めていました。しかし2か月前から我が子が喘息気味なので、本気で禁煙してほしいと強く思うようになり、禁煙外来を勧めました。仕事が忙しいから通う時間が取れないと却下されたので、それなら電子タバコはどうかと提案しました。電子タバコなら煙が広がらないので子供にも安心ですし、ニコチンを含まない商品もあるのでそれをプレゼントしてみました。最初は嫌々だった夫ですが、意外と電子タバコに満足したようでそれからは通常のタバコを購入していないようです。このまま禁煙してくれたらいいのになと願っています。

電子タバコのメリットについて

現在日本でタバコを吸う人はかなり多く存在しており、本人の健康被害はもちろんですが、周りの人に及ぼされる被害も大きいとされており、喫煙者は居場所がないと感じるところも増え出しています。そんな理由もあり禁煙を試みる人は多いですが、なかなか続かず結局吸いだしてしまう人が大半です。近年禁煙のグッズとして人気を集めているのが電子タバコです。タバコのような形で煙もあるので禁煙しているという気持ちにならず、無理することなく禁煙を続けていくことができます。電子タバコによる健康被害があるとも言われていますが、タバコの健康被害と比較すると被害は薄いとされていることは確かです。なんの道具も使わずに禁煙することができるのであれば、それに越したことはないかもしれませんが、それが無理という場合には電子タバコを試す価値はあるのではないでしょうか。